季節・イベント

新宿御苑の桜2019の混雑状況は?穴場スポットや場所取りのコツ!

2019年に新宿御苑の桜のお花見をしたい!でも混んでたら嫌だな…という方は多いのではないでしょうか。

そんな方のためにこちらでは、2019年の新宿御苑の桜のお花見シーズンの混雑状況や穴場の場所取りスポットについても紹介をしていきます。

新宿御苑の桜を一望できる穴場スポットも紹介していきますよ。

スポンサードリンク

新宿御苑の桜のお花見!2019年の混雑状況は?

新宿御苑は、桜の満開シーズンになるとお花見として外国人観光客の方も多く訪れます。

新宿御苑の場合は、入場券も必要になってくるので、購入するまでの行列がすごいです。(ディズニーランドかよってくらいの列)

また、新宿御苑ではアルコールが持ち込み不可のため、荷物検査があるんですよね。

そのため、どうしても行列が出来てしまいます。

一見ものすごい混雑しているように見えますが、混雑しているのは

  • 荷物チェック
  • 入場券の購入

この新宿御苑内に入るまでです。

新宿御苑内は広いので、入るとこんな感じで人がある程度分散されます。(これでも混んでいると思われるかもしれませんが…。)

新宿御苑に入る前だけが混んでいると分かっていてもできるだけ、混雑は回避したいですよね。

続いて混雑の回避策について紹介をしていきますよ。

スポンサードリンク

新宿御苑の桜のシーズンの混雑回避策!

新宿御苑の桜のお花見シーズンの入場の行列はかなりすごいです。

この混雑の回避をする方法は2つあります。

①千駄ヶ谷門を利用する

新宿駅から徒歩10分ほどの位置にあるので、新宿駅から歩いて来る方が多いです。

その方達が新宿御苑内に入るために並ぶのが「新宿門」です。

先ほど紹介した混雑状況の写真は新宿門の様子になります。

 

新宿御苑への入場は、新宿門だけでなく「千駄ヶ谷門」から入ることもできるんです。

千駄ヶ谷門は、千駄ヶ谷駅から徒歩5分なんですが、新宿門ほど混んでいないのが特徴なので、混雑を避けたい場合は、千駄ヶ谷門の利用をしてみるのもオススメです。

②朝早くに行く

新宿御苑のお花見シーズンは、9時に開園となります。

開園直後だと長蛇の列ができるということもないので、「並ぶのが嫌だー!」という方は、開園直後の時間に行くのがオススメですよ。

園内も人がほとんどいないので、新宿御苑の桜を独占した気分に浸ることも出来ます。笑

新宿御苑の場所取りのコツ

続いて、新宿御苑の穴場の場所取りのコツを紹介していきます。

新宿御苑はテントなどの持ち込みが出来ないので、ブルーシートなどで場所取りをするようにしましょう。

混雑状況を見ていただいてお分りいただけたかと思いますが、新宿御苑には多くの人が来場されます。

なので、お昼頃になると桜の周辺はブルーシートで覆い尽くされてしまっています。

桜の近くでお花見を楽しみたい!という方への場所取りのコツは、朝早くにいく!これだけです。笑

新宿御苑の良いところは、入場時間が決まっているので早朝に行って場所取りをする必要はないというところですね。

9時開園なので、開園に合わせて行けば問題なく桜の近くのスポットに場所取りをすることが出来ますよ♪

新宿御苑の桜を一望できる穴場スポット

混雑している場所に行くことすら避けたいという方もいらっしゃると思うので、新宿御苑の桜を一望することができる穴場スポットを紹介させていただきます。

それは、高島屋タイムズスクエア 13階レストランパークテラスです。

13階のレストランパークには、ベンチで本を読む人、歓談する人、テラスを歩く楽しげな人たち、外を見る人たちなど、様々な人がいるんです。

テラスからは、新宿御苑が一望出来ちゃいます。

なので、満開の桜を思う存分楽しむことが出来て、オススメです。

近くから見る桜も良いですが、遠くから全体を見るのも新鮮で良いですよ♪

高島屋タイムズスクエア 13階レストランパークテラス
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24番2号 
電話番号:03 5361-1111
JR新宿駅 新南口高島屋タイムズスクエア方面出口

 

スポンサードリンク