貯金・節約

貯金できない人・家庭が貯金する方法はたった1つ!

この記事を開いてくださったという事は、「貯金できない」とお悩みの人やご家庭をお持ちの方だと思います。

「毎月ギリギリの生活で貯金ができない」とお悩みの方は多くいらっしゃいます。

こちらでは、貯金できない人・家庭が貯金するためにするべきたった1つの方法を紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さい。

 

スポンサードリンク

貯金ができない人が貯金する方法

早速ですが、貯金ができない人が貯金をする方法はたった1つです。

それは「先取り貯金」です。

貯金についてお調べの方は、一度は耳にしたことがある言葉ではないでしょうか。

 

先取り貯金

お給料が入った時点で、毎月一定の金額を貯めていくスタイル。お金のある状態で先に貯金に回すので、必ず貯めることが出来ます。

 

貯金というと、毎月余ったお金を貯めていくというスタイルを取っている方が多いと思いますが、これは大きな間違いです。

毎月ギリギリの生活をしていたら、お金が余るという状況はほぼないわけで、そのままではずーっと貯金が出来ないまま時が過ぎ去っていきます。

しかし、先取り貯金であれば、お金のある状態で貯金に回していくので、毎月必ずお金を貯めることができます

貯金ができない人にはもってこいの仕組みですね。

 

この先取り貯金をするにおいて、最も重要なポイントは、先取り貯金に回す金額は決して無理のない金額で毎月必ず貯めていくということです。

無理をして多くの金額を貯金に回すと、生活ができなくなったり、貯金が嫌になり、挫折する原因となってしまいます。

貯金は短期的視点でとらえるのではなく、長期的な視点で捉えることが大事です。

 

たとえば、

毎月1万円は貯金をしよう!と決めたとします。

それを1年継続出来れば12万円、2年継続出来れば24万円、10年継続出来れば120万円です。

 

「でも貯金する余裕ないのに、できるわけない」

と思った方もいらっしゃいますよね。

 

それが、出来るんです!

 

まず、貯金ができないと困っている方の多くは、お給料を全額生活費に振り分ける計算で家計管理をしている方です。

または、家計簿をつけておらず、何にいくら使ったのかが把握できていない方。

 

先取り貯金をする方法はとても簡単で、毎月の収支を明らかにして、毎月の生活費からその貯金分を引いてあげるだけです。

 

先取り貯金をする方法
  1. 毎月の収支をはっきりとさせる
  2. 無駄な部分を省く
  3. いくらなら貯金が出来そうかを考え、その金額を先取り貯金する。

 

毎月5000円からでもいいですし、無理のない範囲でまずは貯金をしてみましょう。

継続さえすることができれば、毎月お金が増えていきますし、貯金が習慣化出来れば、さらに多くの金額を貯めることにも抵抗が無くなったり、むしろ進んで貯金がしたくなったりするようになります。

継続は力なり。という言葉は貯金にも当てはまりますね。

 

それでも、意思が弱く挫折してしまいそうな人は次のことを参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

意思の弱い人が貯金を成功させるために

先取り貯金は、お給料が入った時点、つまりお金のある状態で貯めていくので、必ずお金を貯めていくことができる方法です。

多くの人は、貯金用の口座を持ち、そこに先取りした分を貯めていくという方法を取っているのですが…

それだと簡単に引き出しができてしまいます。

意思の弱い人であればあるほど、「おろしてもまた貯めればいいか」と思って簡単に引き出しをしてしまう傾向にあります。

 

そこで、意思の弱い方におすすめなのが貯金に強制力を持たせるということです。

つまり、簡単にはおろせない状況にしてあげればいいのです。

 

貯金に強制力を持たせる方法としては下記の3つの方法が挙げられます。

  • 積立定期預金にする
  • 財形定期預金にする
  • キャッシュカードを作らない

それぞれ詳しく説明をしていきます。

積立定期預金にする

通常、定期預金は貯まったお金をまとめて預けるための商品ですが、積立定期預金は毎月一定の金額を口座から天引きしてくれて、貯めていくことができる商品です。

つまり、定期預金が貯めた人向けの商品であるのに対して、積立定期預金はお金を貯めたい方向けの商品となります。

積立定期預金は、銀行の窓口で作成をすることが出来、払戻し(解約)をする際も窓口でなければできません。

簡単にはお金を引き出すことが出来ない状況の出来上がりです。

財形定期預金

財形定期預金も、先ほど説明した積立定期預金と同じように毎月給料から天引きをして貯めていくものになります。

お勤めの会社などで、申し込みができる場合もありますし、取り扱いのある銀行で申し込みをすることもできます。

キャッシュカードを作らない

こちらは、貯めるための口座を作成した際にキャッシュカードを作らないという方法です。

普段お金をおろす際にキャッシュカードでおろすことが多いですよね。

仕事をしていれば、銀行窓口が開いている時間にはなかなか立ち寄れないと思うので、なおさらです。

そこで、キャッシュカードがなければどうでしょうか?

すぐにはお金をおろすことが出来ませんよね?

 

このようにお金をすぐに引き出してしまうという方には、貯金を簡単におろせない状況を作ってあげることが大事です。

 

スポンサードリンク

お金を増やすためにはどうしたらいい?

先取り貯金をすれば、誰でも簡単に貯金をすることができるということが分かっていただけたかと思います。

そこで、お金を増やしたい!

と思った方も多いのではないでしょうか?

 

お金を増やす基本は

  1. 収入を増やす
  2. 支出を減らす
  3. 投資する(運用する)

この3つです。

収入を増やす

収入を増やす場合、専業主婦の方であればパートに出るというのも選択肢の1つとして挙げられます。

また、昇級のための資格取得や転職もその1つでしょう。

夫婦で共働きの場合は時間に余裕がなくて難しいかもしれませんが、副業をするということが1番手取り早いですね。

最近はネットビジネスの普及で家にいても稼ぐ方法があります。

  • フリマアプリの活用
  • ハンドメイド作品を売る
  • ポイントサイトの活用
  • アフィリエイト

などなど!

 

自分にあった収入を増やす方法を見つけて、とにかくやってみる、行動に移して見ることが大事です。

支出を減らす

これは、毎月の無駄を無くしてあげることが大事です。

固定費は変えられないと思っている方が多いですが、固定費こそが毎月の決まった支出になるので、ここをいかに抑えられるかが支出を減らす鍵を握ります

例えば、通信費が1人1万円を超えるようであれば格安スマホにするなど、できる対策を講じて行きましょう。

投資をする

投資信託などでお金の運用をしてみることもお金を増やす手段の1つです。

積み立て投資信託であれば、まとまったお金がなくても、積立定期預金のように毎月一定の金額を投資に回すことができます。

なので、毎月金額を増やして行くことができますし、銀行の口座に置いておくよりも、お金が増えていく可能性が高いです。

投資信託は、リスクがゼロではない商品(預けた金額より低くなることもある)なのですが、その分リターンに期待ができるということです。

 

また、自分に投資をするということも大事です。

例えば、資格の取得をすることで昇給が見込めたり、転職をすることで、多くの収入を得られることもあります。

自己投資は、自分のスキルアップに繋がるため、決して無駄にはならないですし、自分に投資をすることが結果的に1番多く収入を増やす方法だったりもします。

 

このようにお金を増やす努力だったり、貯める努力をすることで、貯金は必ずできます。

先取り貯金を意識して、トライしてみて下さいね。